新築の家・マンションへ引っ越す際一番に気をつけなければいけないのが「シックハウス症候群」。

シックハウス症候群とは、家を建てる際、またはリフォームなどに使われた塗料や防腐剤・接着剤の成分が原因でめまいや吐き気などの体調不良が現れる症状のことを指します。

大人はもちろんのこと、生まれたばかりの赤ちゃんは調子が悪いことを詳しく伝えられないため、特に細心の注意が必要です。

現在新しい家を建築中、または新築の家に引っ越しを予定している方は赤ちゃんに対するシックハウスの悪影響についてきちんと予習をしておきましょう。



赤ちゃんもシックハウス症候群になるの?

シックハウス症候群の主な原因は、ホルムアルデヒドなどの化学物質、そしてカビや埃などによる空気汚染です。

昔は隙間風がそれらを自然に換気してくれていたため、シックハウス症候群に悩まされる人はいませんでした。

でも近年、気密性の高い家を建てる建築技術が発達したため、外に有害物質が逃げなくなってしまったことが大きな原因なのだとか。

特に赤ちゃんや子供は、化学物質を大人の2倍も身体に吸収してしまうそうです。

だから、大人よりもシックハウス症候群の影響を受けやすいと言われています。

シックハウス症候群は一度なってしまうとアレルギーのように完治することがないのです。

だからその症状が原因となって「集中力の低下」や「大きなストレス」を引き起こし、発育に影響を及ぼすこともあると言われています。



赤ちゃんに起きるシックハウス症候群の症状にはどんなものがあるの?

赤ちゃんに起きるシックハウス症候群の症状は、大人と変わりはありません。

部位ごとに細かく見ていくと

・目⇒チカチカしたり、涙が止まらなくなる

・鼻⇒刺激を感じるようになったり、鼻炎のような症状が出る

・のど⇒痛みを感じるようになる

・その他⇒咳が出やすくなる・皮膚に湿疹やじん麻疹が出るようになる・吐き気や頭痛など、飛行機酔いのような症状が出る

皮膚の湿疹や鼻水などは目に見て分かりますよね。

でも、目がチカチカしたり、喉の痛みなどの目で確認できない症状が出てしまった場合、相手が赤ちゃんだと気づいてあげることができない場合もあります。

これから家を建てたり引っ越しやリフォームなど、家の環境が変わるという場合は、事前にしっかりとシックハウス症候群の対策法を身に着けておくことをおすすめします。



簡単にできる!赤ちゃんのためのシックハウス症候群対策とは?



シックハウス症候群を予防するために一番重要なのは「しっかりと換気をする」ということ。

先にもご紹介したとおり、現代家屋は大変気密性が高いのです。

だから、新しく家を建てた・リフォームをしたばかりという場合は、有害物質が家の中に溜まらないよう十分な換気をするよう心がけましょう。


換気をする際は、1箇所だけ窓を開けるのではなく、各部屋の窓・ドアを開けて風が家の中全域を抜けていくようにして下さいね。

秋・冬と寒い季節にリフォームや引っ越しを予定している方は、窓を開けることが困難ですよね。

ハウスダストや化学物質を浄化してくれる空気清浄機を購入しておくのも良いかもしれませんね。

また、カビやダニ・埃といったハウスダストによるシックハウス症候群を防ぐためにも、十分な換気が必要。

毎日掃除機をかける際に窓を開けて空気の入れ替えをするようにして下さい。

ハウスダストは、アレルギーやアトピーを悪化させる原因にもなります。

新築の住宅に住んでいないからと油断はせずに、毎日家の中の空気を綺麗に保つことを意識しましょう!


更に、煙草の煙もシックハウス症候群の原因になると言われています。

喫煙をしている家族がいる場合には、なるべく換気扇の下やベランダなどで吸ってもらうなど、室内に煙が充満してしまわないよう気をつけて下さいね。



さいごに

今回は、シックハウス症候群による赤ちゃんへの影響と対策方法についてご紹介しました。

新築の家屋、リフォームなどに用いられる化学物質が原因で起こるシックハウス症候群ですが、現在は更なる建築技術の発達により発症の心配がかなり軽減されたと言われています。

ですので、これから家を建てるという場合あまり執拗な対策をする必要はないとはされていますが、念には念を、石橋は十分に叩くことが必要です。

また、赤ちゃんは大人よりもお肌・呼吸器が大変敏感であるため十分にシックハウス対策が成されている住宅でも症状が出てしまう可能性はゼロとは言い切れません。

過敏になりすぎる必要はありませんが、ご家族の健康のためにも1日1度室内の空気を入れ替え、長時間同じ空気を家の中に留まらせないよう換気の習慣を付けるようにしましょう。